やっぱり波乱の年です

元旦に妹が救急病院のお世話になった時思いました。(以前も書きましたが・・・・)
 今年は波乱の年になる。
やっぱり予感的中。春には主人が京都に転勤。その直前、主人の母が緊急入院、手術。
そして今度は、私の母が右手首を骨折して、入院!。

先日、帰省して入院中の母に会ってきました。
手首以外は異常なし、なので元気で安心しました。ほんとに足でなくてよかった、骨折したのが。
 毎日見舞い客が訪れ、にぎやかなベッド周りに、看護婦さんが苦言を。
「歩けるんだから、お話は談話室でおねがいします!!」 
 す、すいません。気をつけます。 
今月中には退院となる予定です。でも、退院してからの方が不自由かも。ちょっと心配な今後です。

私が帰省している間は、3兄弟とフィーフィーでお留守番でした。
みんなで助け合って(羽を伸ばして)すごしていたようです。みんな成長したもんだ。

実はたった一人で帰るのは今回が初めて。
新幹線で隣に座った方とおしゃべりが楽しかったです。
行きは杉並でお米屋さんを営んでいるという女の方。しおりや手作りの紙風船を頂いちゃいました。
帰りは、ひとりでおばあちゃんのところへ遊びにきていたという、小学生3,4年生くらいの男の子。
 ゲームやプラモデルの人形の話で盛り上がりました。だって持っている物が3号と同じだったもので。
可愛かった~。一人旅もたのしいもんですね。

 さて、フィーちゃん。元気です。
最近は暑いときはもっぱら日陰をさがしての散歩です。今日は森へ。
今はあまり虫がいないから最適の散歩道です。
b0122485_1122611.jpg

主人がいないので、夜は好き勝手なところに寝ています。
先日は2号の足元で。
また先日は夜中に3号のベッドに飛び乗ってきたそうです。
時計を見たらam 3時34分だったそう。
 起こすには早すぎるよ、フィーちゃん。
[PR]
by tipogongon | 2012-06-28 11:27 | けが

心配しました・・・・

先週末、主人が帰省してきました。
もちろん、フィーちゃんは大喜び。
ところが、滞在中、フィーフィーが小刻みに震えはじめたのです。
最初は、すぐ治まる、と楽観していました。
ところが震えは1晩中続いて、朝になっても震えてます。
元気もないし、食欲もありません。
もしや、重大な病気?と不安に。
その日は、私は仕事だったので、主人がかかりつけの獣医さんへ連れて行ってくれました。
診断結果は・・・・・・「ストレス
が~ん。いったい何が原因?
この2,3日を振り返りました。
 フィーフィーの嫌いなブラッシングのし過ぎ?
 シャンプーとフロントラインのダブルパンチが嫌だったの?
 暑いのに、布団につれて行かれ、一緒に寝せられたこと?
 (主人には逆らえない?ので、我慢していたようです)
 散歩のし過ぎ?(1日に5,6回は行っていた・・・・)
と、ここまでふりかえって、とにかく過保護、過干渉の疑いが浮上しました。
b0122485_14364026.jpg

ストレスには森林浴。
ということで、森へ。
フィーフィーはモグラ穴を見つけて、掘り始めました。
b0122485_14381593.jpg

あとには、深い穴。
ストレスをこの穴に捨てて欲しいな。

震えもあのあとすぐ治まり、今はすっかり元気です。
改めてフィーフィーの我慢強さと、ナイーブさに驚きました。
辛い思いをさせてごめんね。
[PR]
by tipogongon | 2012-06-07 14:46 | フィーフィー日常